法人の理念

東日本麻酔科医ネットワークの理念は以下の通りです。
麻酔科医の重要性の啓蒙
麻酔科医の専門技術、知識の更新をサポート
地域の医療水準向上への協力

代表麻酔科医よりご挨拶

代表理事 竹森 健

麻酔科医不足が問題となってからずいぶんと時間が経過したと思います。
以前は医学部の同期100人のうち一人入局すればいい方だったような麻酔科に今では女性を中心に
10人以上入局するようなことも珍しくありません。実際に麻酔科医の数は順調に増えてきており、
首都圏の一部では次第に飽和してきているような印象すらあります。
しかしながら、地方に目を移すと麻酔科医不足が解消されている実感はかなり薄れてきます。
これは麻酔科医の総数は増えている一方で偏在化が進んでいることを意味しています。
教育環境、住環境などの要因に加えて医局の人事権が低下している影響もあるでしょう。
また、2024年度から始まる医師の働き方改革は更なる麻酔科医偏在化を引き起こす可能性があります。
麻酔科医の業務効率化のサポートも今後は重要になるため、
新しいサービスの提供も進めていく予定です。
当法人の活動が地方での深刻な麻酔科医不足を少しでも解消することにつながればと考えています。

アクセス

一般社団法人 東日本麻酔科医ネットワーク

〒020-0021 岩手県盛岡市中央通1-7-35コアフィールドモリオカ203

東日本麻酔科医ネットワークについて

麻酔科専門医の竹森が地方での深刻な麻酔科医不足を解消するために設立した一般社団法人です。
麻酔科医の重要性の啓蒙、麻酔科医の専門技術・知識の更新をサポート、
地域の医療水準向上への協力を理念に掲げ、質の高い麻酔科医を紹介し、総合的により安全かつ
円滑な手術室運営に貢献してきました。
2024年度から実施される医師の働き方改革に向けた取り組みもおこなっていきます。

クローズドな麻酔科医ネットワークとは別にオープンな医師紹介の需要にも応えるため、
麻酔科医専門の求人サイトも運営しております。