2021.04.13

まさかの救急受け入れ停止…麻酔科医が一度に退職した結果

救急受け入れ停止

※具体的な病院名は関係各所への影響も考慮して控えさせていただきます。

【B病院の事例】

(概要)


B病院は一般外科以外にも脳神経外科や整形外科を有する地域の基幹病院の一つで、交通外傷の受け入れ先として重要な役割を果たしていました。

複数名の常勤麻酔科医により運営されていましたが、1名を残して複数名の麻酔科医が年度の途中で同時に退職することが決まりました。

常勤医師1名では臨時手術対応が困難であり救急受け入れが中止になるという事態に発展しました。

特に交通外傷は受け入れ先を失い、ドクターヘリで別のエリアまで搬送せざるを得ない状況になりました。

地域の救急医療が崩壊したため、B病院より東日本麻酔科医ネットワークに支援要請がきました。

当法人のネットワークを駆使し、日勤のみならず夜間休日の待機までおこなえる麻酔科医を確保し、常勤医師と連携することで速やかに救急受け入れを再開することが可能になりました。

(背景)


B病院はその地域の交通外傷を一手に引き受けていた基幹病院です。

大学病院からの派遣を含む複数の常勤医師により安定した運営がおこなわれていました。

しかし、常勤医師の退職が急に重なったことにより手術の受け入れ困難が生じ、結果として救急受け入れが停止するという緊急事態となりました。

急な退職であること、年度の途中であること、大学病院があるエリアからのアクセスが悪いことなどが原因で麻酔科医確保は困難を極めました。。

交通外傷が起きるたびにドクターヘリで搬送せざるを得ないという状況は地域医療の崩壊そのものであり、外科系医師のみならず自治体レベルで大きな問題となっていました。

救急受け入れ復活のためにB病院から東日本麻酔科医ネットワークに支援要請が入ったのは救急受け入れ停止から約1か月後のことでした。

(課題)


以下のような課題が存在し困難な状況でした。

・既に医療崩壊が始まっており、一刻を争うレベルで動く必要がある。

・救急対応ありのため、365日24時間体制で麻酔科医を用意する必要がある。

・都市部からのアクセスが悪いため長距離移動にも耐えられる麻酔科医が必要。

・術前リスク評価などを考えると、常勤医師との連携は必須であり、技術だけでなく協調性、コミュニケーション能力も重要となってくる。

(対応)


準備期間ゼロであり最速での仕事が必要であるため代表である竹森自身が先行して現地に赴きました。

手術麻酔をサポートしながら並行してプロジェクトに参加可能な医師を全国から紹介することで時間のロスを極力減らしました。

日勤、1泊2日、週末待機のみなど様々な形の勤務形態を組み合わせることで365日24時間の受け入れ体制を可能にしました。

結果として、支援要請から1か月未満で救急受け入れは再開され、地域の医療崩壊によるダメージを最小限にすることができました。

長距離移動などに関しては以前に遠方の病院を支援した経験をもとに、車のシェアなど移動の効率化をはかり対応しました。

クローズドなネットワークで集めたドクターであるため臨床能力はもちろんコミュニケーション能力も担保されていました。

常勤医師との連携もスムーズで、安全な手術室運営もおこなうことが可能になりました。

(総括)


麻酔科医の複数同時離職は手術のみならず救急受け入れにも極めて重大な影響をおよぼすことが証明されました。

この案件以前に、基幹病院をフルサポートした経験があったため準備期間ゼロという厳しい条件ながら最速でサポート体制を構築することができました。

医師の偏在化が進み医者の働き方改革が進むことで、B病院と同じような事態は日本各地で発生する可能性があります。

医療のインフラとしての麻酔科医を効率的に配置する役割を大学医局が担えなくなってきている状況で当法人のような存在が地域医療を守る一助になりうると考えられます。

東日本麻酔科医ネットワークについて

麻酔科専門医の竹森が地方での深刻な麻酔科医不足を解消するために設立した一般社団法人です。
麻酔科医の重要性の啓蒙、麻酔科医の専門技術・知識の更新をサポート、
地域の医療水準向上への協力を理念に掲げ、質の高い麻酔科医を紹介し、総合的により安全かつ
円滑な手術室運営に貢献してきました。
2024年度から実施される医師の働き方改革に向けた取り組みもおこなっていきます。

クローズドな麻酔科医ネットワークとは別にオープンな医師紹介の需要にも応えるため、
麻酔科医専門の求人サイトも運営しております。