2021.04.09

心臓血管手術の麻酔はかけられますか?

心臓血管手術の麻酔はかけられますか?

※具体的な病院名は関係各所への影響も考慮して控えさせていただきます。

【C病院の事例】

(概要)

地域の心臓血管手術を一手に引き受けているC病院は複数の常勤医師と大学派遣医師および非常勤医師によって運営されていました。

しかしながら、心臓血管手術の麻酔に対応できる麻酔科医の数が少なく担当可能な常勤麻酔科医の負担が大きくなっていました。

その結果、年間数百例を超える心臓血管手術の一部を担当してほしいという依頼が東日本麻酔科医ネットワークにきました。

一人で心臓麻酔を完遂できる能力を持った麻酔科医を紹介し年間100件程度の心臓血管手術を請け負うことで安定した手術室運営をサポートしました。

(背景)

地域の心臓血管手術を全て引き受けていたC病院は常勤医師が心臓血管手術をほぼ全て引き受けていました。

常勤麻酔科医の全てが心臓麻酔に対応できるわけではなかったため、一部の麻酔科医の過重労働が発生しました。

他の医紹介会社から紹介される医師も心臓手術に対応できないため、心臓血管手術の麻酔に長けた医師を紹介してほしいという依頼が当法人に届きました。

(課題)

・病院のマンパワーの問題もあり、心臓手術の麻酔手技を単独で速やかに完遂できる能力が必要

・経食道心エコーでの術中評価も必須

(対応)

心臓血管手術の専門施設もしくはボリューム施設での臨床経験がある麻酔科医のみで対応しました。

JB-POT、PTeEXAMなど経食道心エコーの国内外資格を持つ麻酔科医が主に担当することで確実な術中評価を行うことが可能になりました。

(総括)

心臓血管外科手術の麻酔は麻酔科医の力量が問われる分野の一つです。

ハイリスクな患者様を扱うため麻酔の不安定さは患者様への不利益となることは当然ですが、術者やコメディカルの不安を引き起こすこともあります。

当法人からの麻酔科医は迅速かつ確実な麻酔導入、安定した麻酔管理、正確な術中評価をおこなうことで術者やコメディカルの信頼も得ることができ高い評価を受けました。

結果として手術室の安定運用の一翼を担えました。

心臓血管麻酔に長けた麻酔科医と強いネットワークを持つ当法人の強みが生かされた案件だと考えます。

東日本麻酔科医ネットワークについて

麻酔科専門医の竹森が地方での深刻な麻酔科医不足を解消するために設立した一般社団法人です。
麻酔科医の重要性の啓蒙、麻酔科医の専門技術・知識の更新をサポート、
地域の医療水準向上への協力を理念に掲げ、質の高い麻酔科医を紹介し、総合的により安全かつ
円滑な手術室運営に貢献してきました。
2024年度から実施される医師の働き方改革に向けた取り組みもおこなっていきます。

クローズドな麻酔科医ネットワークとは別にオープンな医師紹介の需要にも応えるため、
麻酔科医専門の求人サイトも運営しております。